2017年3月11日 (土)

1日記者体験@千葉ジェッツ_小野龍猛選手を子ども達が取材!

 

11月20日(日)

ジュニア記者クラブの子どもたちが「千葉ジェッツ」の取材体験をしました。

参加したのは記者メンバーの子供たち八名です。 

 

Photo_10

 

千葉県にある「船橋アリーナ」へ。当日来場した人数はなんと3657人!

会場では記者体験をする子供たちと保護者のために、一角の席を用意してもらいました。

電光掲示版に表示された時間が14時50分になると、各チームの選手が入場。

チアリーダーやMCなどによるフライトクルーたちの盛大なパフォーマンスと、大音量の音楽が会場を揺らします。

15時になり、「千葉ジェッツ」VS「秋田ノーザンハピネッツ」の試合が始まりました。

試合中、子供たちはプロバスケットボール選手の巧みなプレイに目を奪われていました。

時折選手が魅せるスーパープレイに、歓声を上げて興奮する子供たちがいるほど。

S_img_9263


試合は『76‐72』で千葉ジェッツの勝利。

最後の10分で相手チームの猛攻が始まり、点数差が縮まっていくため、終了のブザーが鳴るまで手に汗握る白熱の試合となりました。


試合終了後は、おまちかねのインタビューが始まります。

S_togasi8864


インタビューにはキャプテンであるフォワードの「小野龍猛」選手が応じてくれました。

皆、興味深々といった面持ちでインタビューに臨んでいました。

きっちりと選手からサインをもらうことも忘れません。

S_img_9433

 

今回も素敵な記者体験になりました。

ジュニア記者クラブの子供達の活躍にこれからもご期待ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

1日記者体験@柏レイソル_滝本晴彦選手&安西海斗選手を取材!

 

8月24日(水)

ジュニア記者クラブに参加している5人のメンバーが柏レイソルの本拠地・日立サッカー場を訪ねました。

 

 

Photo_10

 

広報の大重さんの案内でスタジアム内を見学。

その後、ゴールキーパーの滝本晴彦選手、ミッドフィルダーの安西海斗選手に

インタビューを行いました!

 

 
Kg_td73xcb3utpo1485252276

2016img_7959_3

 

 

 

Photo_12

 


PhotoPhoto_2

Photo_3Photo_4Photo_5

みんなそれぞれ個性あふれる素敵な新聞になりました!

 

 

Photo_13

 

 

11月は鎌ヶ谷日本ハムファイターズ、柏レイソルに続き、スポーツ取材の第3弾!

プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」の取材に挑戦します。
 
ジュニア記者クラブの皆さん、頑張ってね。

 

|

2016年10月23日 (日)

ふるさとまつりで記者体験を行いました!

10月22日、13名の小中学生が朝日新聞特別派遣記者として取材活動を行いました。
最初に伊澤市長を表敬訪問、記念写真を撮りました。
(後列左側が伊澤市長)
20161022

参加者が制作したオリジナル新聞は、本日(23日)おまつり会場に展示中です。

|

2016年10月10日 (月)

1日記者体験@千葉県立中央博物館参加者募集!

2016hakubutukankisyataiken_2


|

1日記者体験@白井市ふるさとまつり参加者募集!

2016furusatomaturikisyataiken_2

|

2016年3月27日 (日)

一日記者体験@千葉県立中央博物館2016

2016年3月20日一日記者体験参加者の力作です。
各作品をクリック,拡大してご覧下さい。
01ku02su03ym04ei05sa06ka07rk08nf09st10ms11as12kh13yk14sh15hh16mr17hs18yn


|

2015年9月 8日 (火)

スポーツ記者体験! 北海道日本ハムファイターズの選手にインタビュー♪

入道雲がそびえ立ち、天高く突き抜けるような青い空が広がった8月7日(木)
北海道日本ハムファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(略して鎌スタ)にて、「スポーツ記者体験」が行われました。
NISジュニア記者クラブメンバーや市内の小学生など7名が参加、新聞記者の仕事を体験しました。

まずはスタジアムの見学と試合の観戦。
球場に来るのが初めての子も多く、みんな興味津々な目をしていました。

鎌スタでは、さまざまなユニークな取組みをしており、レフトスタンドの一角には茶畑。その数なんと350本。
ファンと一緒にお茶摘みや試飲などを行っているとのこと。
他にもプールなどのアトラクション。お米の栽培。カブトムシを800匹ほど飼育し、ファンにプレゼントなど。
ファンに喜んでもらいたいという想いが見て取れる素晴らしいサービスばかりでした。

カブトムシの育成所
Photo

お米の田んぼ
Photo_2

午後からは「ファイターズVSジャイアンツ」の試合を観戦。
序盤は互いに点数を意地でも譲らない、白熱の投手戦が展開。
3回裏でファイターズの「宇佐美塁太」選手がセンター方向のヒットで当試合初の打点を上げて勝ち越しましたが、中盤からジャイアンツが野手投手共に調子を上げて、惜しくも「1対5」で敗退していまいました。




試合終了後は、ワクワクドキドキ……選手にインタビュー!
今回インタビューに応じてくれたのは背番号46番の「瀬川隼郎(せがわはやお)」選手。
皆、緊張しながらも普段接する機会のない「プロ野球選手」に真剣な表情で多くの質問をぶつけていました。

Ffinyfkdkrwrmus1441678957




取材が終わった後は、全国新聞教育研究協議会事務局の香山昌彦さん指導による『はがき新聞』制作。
今回スタジアムで見聞きしたこと、瀬川選手にインタビューした内容などをまとめ、、はがき大の方眼紙を原稿用紙に記事を書きました。
限られたスペースにも関わらず、出来上がった新聞は完成度が高く、記事やイラストを駆使して一生懸命に表現する子たちの熱心さがうかがえました。

Wbspj0aprfgkhm21441679317





次回のスポーツ記者体験&NISジュニア記者クラブ例会は8月28日。
プロサッカーチームの『柏レイソル』を取材します。

今後も小学生記者の皆さんの活躍にご期待ください。

Yf6porw0yrlvvjy1441679014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝日新聞本社見学会に行ってきました。

11823163_883815465033660_72004207_2

大きく咲いたアサガオに、目の痛くなる日差しが差し込む7月22日(水)
朝日新聞販売会社『エヌ・アイ・エス』の主催で、朝日新聞本社の見学会を開きました。

当日。見学会に参加したのは、小学生の子供達と保護者の方々。

本社の見学をする前に、まずはDVD鑑賞。
朝日新聞が歩んできた歴史を踏まえ、編集・印刷までの新聞発行の工程と、包装から配達までの流れを知る事が出来ました。

そして。いよいよ本社見学会がスタート。

最初は5階に位置する報道局・編集局、4階の地域編集局と、編集と取材に携わる社員の方々の仕事姿を拝見。

それから一気に地下3階へと降り、新聞を印刷している巨大な輪転機を見学。
なんとその速度は毎秒50部を印刷するほど。
普段は知る機会の少ない内容に、参加者の方々も熱心に楽しく見学していました。

11807350_883883291693544_30601660_2


お昼休憩をはさみ、次は朝日小学生新聞などを発行している『朝日学生新聞社』を訪れました。
お聞きした主な内容は次の三つ。
新聞記事の編集作業内容。朝日小学生新聞に関連する企画と広告の話、紙面レイアウトの工夫や記事の校正にまつわる話を伺いました。

11262220_883883551693518_1620979251

最後に編集長の佐藤善一さんから、新聞を作る上でのコツについて多くの話をいただきました。
佐藤さんは、新聞は読んでもらって、理解してもらうところに意味があると言います。
みんながどうやって面白く読んでもらうかを考えて作ることが大切。

そして、最も大事なのは何よりも自分が面白く感じるということ。

終わりに子どもたちに見学会の感想を聞いたところ、輪転機の印刷速度や新聞作りの奥深さに関心をもった子が多く、参加した皆さんは新聞への興味をますます膨らませたのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

NISジュニア記者クラブ 第4期、始動!

さまざまな取材体験・新聞制作体験を通して子どもたちの考える力、書く力、社会へ向ける広い視野を育むNISジュニア記者クラブ。
第4期となる今年、記者に応募してくれたのは、白井市と船橋市小室町の小学生5名。
6月28日(日)、白井市コミュニティセンターで開校式が行われました。
来賓挨拶、スタッフによる活動の案内に続き、早速講座がスタート。
朝日新聞東京本社・西元裕加里さんによる「新聞の読み方講座」を皮切りに、日刊スポーツ新聞社・元スポーツ部、社会部記者の大西健一さんからは、記者経験を踏まえての取材記事を書く・写真を撮るときの心得など。
ジャパンタイムズの小山健一さんは、見開きが日本の新聞と逆になる英字新聞の紙面の特徴や、読み方のポイントなどをわかりやすい言葉で説明しました。
今後は、来年の春休みまで毎月1〜2回のペースで活動していく予定です。
取材実習や編集会議などさまざまなことを体験し、新聞制作に挑むジュニア記者たちの活動ぶりは、『ほおじろ』等でもご紹介していきますので、ぜひご注目ください。

20150628


|

2015年5月26日 (火)

ジュニア記者第四期生、募集中!

NISジュニア記者クラブに関する、お問い合わせ・お申し込みはメールまたはFAX(047-498-4839)で。
 お名前、性別、学校名、学年、保護者のお名前、住所、電話番号 を必ずお書きください!
☎ エヌ・アイ・エス広報部 047-498-4838

朝日新聞をはじめ、各紙の現役記者やOB記者を講師に迎え……
新聞について学び、記者の仕事を実際に体験します。
作文が苦手な人でも大丈夫! 
伝えることの楽しさ、おもしろさを体験することで、「書く」ことが楽しくなってくる……
それが新聞記者体験の醍醐味です。
スタートは、6月28日(日)。新たなチャレンジ、はじめてみませんか?

2015jrkisyabosyu


|

«第三期 NISジュニア記者クラブ修了式